EDと早漏の悩みとラナケインを使用する早漏治療

EDと早漏については原因が心因性のストレスなどによるものであることが多いのですが、直接的には性器周辺の血行が悪くなることや、体力の衰えなどが関係しています。
EDと早漏はどちらも夫婦やパートナーとの関係を考える上で治療をしなければならない病気なのですが、EDと早漏に関しては薬を服用することで治療ができるので、泌尿器科などを受診して専門の医師から処方された薬を服用する必要があります。
早漏治療に関しては陰茎の表面の神経を麻痺させることで射精までの時間を長くすることが出来るのですが、早漏治療のために民間療法として痒み止めなどに使われているラナケインを塗るという方法なども考えられています。
しかしラナケインは基本的には痒みを止めるための成分が配合されているものなので、早漏治療に使用したとしても効果を期待することはできません。
早漏治療には局所麻酔剤の成分を患部に塗ることがあるのですが、ラナケインには局所麻酔剤が5%含まれているので、早漏治療にも役立つ可能性がインターネット上で指摘されているのですが、配合されている量が少ないので効果はほとんどありません。
早漏治療には精神的な安心感が重要なのでその意味では役立つ可能性もあります。
しかし粘膜に塗ることは禁じられている薬物なのでラナケインを陰茎に塗ることで悪影響をおよぼすことがあります。
早漏治療に関しては専門医の診察を受けて、適切な薬を服用することが大切なので、自分の判断で薬を服用することは副作用などを起こすこともあります。E
Dと早漏は体力の衰えと、不安などの精神的な要因が重なることで起きることが多いので、原因を究明して取り除くことで根本的に治すことができます。