刺激に弱い早漏には自慰で早漏治療

早漏になると性行為をした時に短時間で射精をしてしまう症状が起きます。
このような症状には、様々な原因があるわけですが、中にはペニスへの刺激に弱いということで早漏になってしまっている人も少なくありません。
ペニスへの刺激に弱いかどうかということについては、人によって個人差があり、中にはちょっとした刺激で射精にまで至ってしまうというケースがあります。
このようなケースの場合、早漏スプレーであったり、早漏改善に効果的なサプリメントを使用することによって、早漏を改善することはできますが、効果については個人差がありますし、経済的にも費用がかかるという問題があります。そこで、ペニスへの刺激に弱い人が早漏治療を行うのであれば、自分でもできる方法として、自慰による早漏治療を挙げることができます。
自慰による早漏治療で代表的な方法としては、セマンズ法という方法があります。
この方法では、自分で自慰を行い、射精をしたくなったら一旦止めて、落ち着いたらまた刺激を加えるという行為を繰り返していきます。
ポイントとしては、射精する直前に止めて我慢するということが大事になってきます。
少し気持ちが良くなってきた程度で止めても効果がありません。
もしも、パートナーがいるのであれば、この方法を性行為で行うこともできます。
性行為中に射精をしたくなったら、直前で運動を止めて、また落ち着いたら開始するという方法で行っていきます。
ただし、パートナーに早漏治療ということで、理解してもらうことが重要になってきます。
これらの方法は、費用はかからずできますが、中途半端に行っても効果を期待することができません。
ですから、本気でパートナーのために早漏を改善したいという気持ちで継続して取り組むことが必要です。