プリリジーを服用して子づくり

ED治療薬と違って低価格で手に入ることから使用する人が増えているプリリジーですが、興味があってこれから試してみようと考えている人も大勢いるでしょう。
早漏治療薬として飲むだけで早漏が改善出来るということで、男性の多くが期待を寄せている薬でもあります。
しかし、性行為を行なう以上は多くの人が疑問に思うこともあるでしょう。
それはプリリジーを服用して子づくりを行った際に何らかの問題があるのかどうかということです。
本来は性行為は子づくりの為の手段なのですから、それも当然のことと言えるでしょう。
いくら性行為での満足感が得られたとしても、その結果として胎児への影響が考えられるのでは安易に服用するわけにはいきません。
プリリジーが胎児へ影響を与えるかどうかということは、プリリジーが何故早漏を改善してくれるかがわかれば理解することが出来るでしょう。
男性の射精という機能は性器が関わっていると多くの人は思っていますが、それは間違ってはいませんが正解でもありません。
射精という行為にもっとも重要なのは脳の指令なのです。
逆に言えば、体はまだ満足していなくても脳から指令が出てしまうと勝手に射精してしまうということです。
これが早漏の原因でもあるのです。
ストレスや不安を感じるとノルアドレナリンが分泌され、これが脳の異常興奮を引き起こして脳が射精の指令を出してしまうのです。
これを防ぐのがセロトニンで、プリリジーの主成分であるダポキセチンがセロトニンの分泌を促してくれます。
このように、プリリジーはあくまでも脳内の働きに作用するものなので子づくりに悪影響を与える心配は全く無いのです。
性生活に不満があって子づくりがうまくいかないという夫婦でも、気兼ねなくプリリジーは使用することが出来るのです。

オススメの早漏治療薬
ポゼット